2006年11月13日

ストリート・シンガー。


sb_95.jpg

'65年のレアなデビュー作やCBSに残したアルバム3枚全てがCD化された英国のレジェンドリーなSSWの一人「Mick Softley」。これら一連の作品の後の'76年以降、スイスの「Doll Records」から3枚のアルバムを残すことになるが、「Capital」と題されたこの作品はその一作目。ドイツで録音され、マスタリングがオランダ、リリースがスイスという多国籍なアルバムの制作経緯は知る術もないが、アコースティック・ギターだけで歌う姿は放浪するストリート・シンガー「Mick Softley」に相応しい作品に仕上がっている。フォーク・ブルース調の"The Anti-Gravity Device (A-4)"と無伴奏で歌われるトラッド調の"Le Monde Des Amants (B-4)"以外は淡々と歌い上げるフォーキーなホーボー・ソングが並ぶ。特に、8分余にも及ぶ長尺の"Transylvanian Highway (A-6)"や"Sand (B-5)"で聴かせてくれるベター・スィートな渋い歌声は心に染み渡る。「Richard Thompson」等の豪華なバンク陣がついたCBS盤も素晴らしいが、やはり、彼にはギター一本で歌う姿が一番合っていると個人的には思っている。この「Capital」の後に、オランダで録音され同じ「Doll Records」からリリースされている「Mensa」という作品もギターの弾き語りだけの素晴らしい内容である。残念ながら、もう一枚あるという作品の存在は未確認。あるのなら、ぜひ聴いてみたいものである。---
posted by beck at 11:40| Comment(1) | 音楽(UK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
Doll Redordsからの3枚目、こちらから購入できます。You Tube でも、全曲聴くことができます。
https://mellowrecords.bandcamp.com/album/mick-softley-war-memorials
Posted by Shige at 2017年07月13日 13:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。