2006年09月12日

自由が丘の歌たち。


sb_79.jpg

渋谷から東急東横線にのって約10分、行き先は自由が丘。ここには、渋谷でのレコハン帰りによく立ち寄っていた喫茶店があった。縁のないお洒落な商店街と住宅街を素通りし、横浜方面に下る線路の踏み切りを渡ってすぐのところに目的のお店はあった。店名は「SONGS」。(ブログの名前はこのお店から頂いた)。ドアを開けると「Townes Van Zandt」の "For The Sake Of The Song" が店内に流れている。概ね、この手の音楽喫茶の店内は薄暗く、瞑想に耽ったような難しい顔をして音楽に聴き入る客がいるのが通り相場。だが、ここは小奇麗に着飾った奥様方が行き交うお洒落な町、自由が丘。明るい店内、通りが見通せる大きな窓、ながいカンター席、窓辺にテーブルと椅子、そのどれもがお洒落な街の雰囲気によく似合っていた。座るのはいつものカンター席、ヒゲを蓄えた長身の店主はアメリカ音楽に造詣が深く、見たこともないアルバムや無名のSSWを随分と教えてもらった。一方で、聴いて気に入ればそのレコードを売ってくれるという商売上手でもあった。「Marty Cooper」はそうした機会に出会った一枚。プロデュースは「Ken Mansfield」。バックには「Larry Carlton,Richard Bennett,James Burton,Joe Osborne..」等の腕利きたち。キャッチーでロンサムなメロディにのせてビター・スウィートな美声を聴かせてくれる。今、欲しいアルバムはクリックして出会えるネットの時代。便利で手軽にはなったが、その分だけ一枚のアルバムに出会う時の物語は少なくなった気がする。東京で暮らしていた頃の随分と昔のはなし、今の自由が丘に「SONGS」は存在しないのだろうな、多分。---


posted by beck at 10:42| Comment(12) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変失礼します。私は「Songs」、「自由が丘」と入力して検索したら、あなたの書き込みに到着しました。Songsのひげのマスター、数度行っただけですが一生記憶に残る喫茶店でした。
Posted by おはま at 2008年09月26日 13:03
おはまさん、コメントどうもです。
「Songs」「自由が丘」という検索ワードでいらっしゃる方を、時折お見掛けします。今は無き喫茶店での時間を共有していた見知らぬ方々と、時を経て、こうしてブログでお会いできるというのは不思議な感覚ですねえ。個人的には、若い頃を思い出させてくれる懐かしい喫茶店です。
Posted by beck at 2008年09月27日 09:51
はじめまして。
おはまさん同様「自由が丘 SONGS」で検索してたどり着きました。
キーワードの出所は、先日購入したShakatakのDRIVIN' HARDという古いアナログ盤にSONGSの店主川名雄二氏がライナーノーツを添えていたからです。

最近たまたま良く自由が丘に通っていて、更にShakatakのShakに音が似たSugarShackという横浜のBarにもShakatakのメンバーが訪れていたということで、横浜住まいの私は縁を感じる次第です。
Posted by ふ゛り at 2008年11月08日 14:23
Beckさん、はじめまして。カナダに移る前の86年から88年位にSONGSでアルバイトをしてました。主に水曜の夜と日曜のシフトだったかな。。。丁寧にいれられたコーヒーとマスターの選んだ新鮮でファンキーな音楽、ウィットに満ちたとめどもない会話、陽だまりのカウンター。。。マスターの影響で聞き始めたアーティストの曲を聴くと、あの頃のことを思い出します。
Posted by 雅子 at 2009年06月03日 03:01
はじめまして。僕も「SONGS」「自由が丘」で辿り着きました。
マスターとは横浜のムーティエ以来の知人でしたので、自由が丘でお店を始められた当初から店を閉めるまでよく通って面白い音楽をたくさん紹介してもらいました。彼の趣向が開店当初のシンガー・ソングライター中心のコレクションから、16ビートへの変遷は傍で見ていて面白かったです。
現在は連絡をとっておりませんが、10年程前に藤沢で彼と何度かお会いしました。
Posted by Yuu at 2010年02月03日 17:35
はじめまして、自由が丘のSONGSでサイト作ってます。 つい最近そこで出会った昔の友人と再会しました。 また、みんなで当時の音楽聴きながらワイワイやりたいと計画しています。 それからマスターの川名さんの消息を知っている方、連絡いただけませんか?
ホント懐かしいですよねぇ
Posted by at 2010年04月04日 16:57
ぶりsan、雅子さん、Yuuさん、仁さん、コメント有難うございます。



恥ずかしながら、皆さんのように 「SONGS」 に対して思い入れが蜜でなかったのは、多分、当時住んでいた所とは逆方向にあった自由が丘の地理的なところでしょうか。なにせ、開店間もない頃、よほど時間があるか近くに他用事で行った時に立ち寄るぐらいの数少ない頻度でした、それもいつも一人で。マスターのお名前も素性も、皆さんの書き込みで知ったほどで、「SONGS」 を語るだけの熱い思いはないのかも知れません。ただ、戻ることの出来ない青春の一時を過ごした 「SONGS」 での短い時間が、当時、店内で流れていた音楽と共に蘇ってくる感傷にも似た郷愁心かも知れません。「SONGS」 に対する思いの深度の違いはあれ、人生の一時を過ごした時間への思いは皆さんと共通のもの。ただ、懐かしいという想いが「SONGS」という店名に蘇ってきます。ホント、懐かしいです (^^;)。
Posted by beck at 2010年04月05日 11:17
はじめまして。私も今から20年以上前就職したばかりの頃、短い間でしたが自由が丘に住んでました。といっても、おしゃれな生活とは程遠くたまにいくSONGSが憩いのひと時でした。マスターとは口もきけなかったのですがお店がなくなるのなら「ありがとう」の一言でも言っておけばよかったと後悔しています。僕も当時の曲を聴いてるうちにふとSONGSのことを思い出して、KEYWORDを入れたらここに来たという次第です。ホント懐かしいです。
Posted by HIRO at 2010年06月20日 23:13
> 仁さん

川名さんと10年振りにお会いした頃は、彼はギリシャ音楽に興味があるようでした。その頃は平塚のビデオショップでお仕事をしており、僕も何度か訪れたことがあります。今もそちらにおられるのかは不明ですが場所は覚えております。電話番号も聞いていたのですが失くしてしまいました。
Posted by Yuu at 2010年07月08日 17:33
最近、偶然知ったのですがヤフーのブログで川名さんではないかと思える方の日記を読ませていただきました。ニックネームは”シスターダディ”です。その名で検索してみてください。
Posted by harue at 2011年02月23日 20:25
2012年も色々な話題を振りまくこと必須!ネットでは様々な噂が飛び交っていますがその真相を確かめるのか否かはあなた次第です。
Posted by グ リー at 2012年01月04日 07:10
部屋主さん。こん●●は!

自由が丘 SONGS
で検索をかけたら、このブログがヒットしました。

自由が丘のSongs...
覚えています。

私は、1984-1985年あたりの常連でした。
懐かしいですねw

自由が丘も随分と変わりましたね。
私?_今でも近くに住んでいます。

お元気で。

Posted by I_am_Marley_99 at 2012年01月04日 12:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。