2011年02月02日

マリリンの歌


sb_471a.jpg



最近は女性のクリスチャン系SSWものを好んで聴いているが、時折、無名ながらも素敵な歌に出会うことがある。ロードアイランド州のクリスチャン系SSW 『 Marilyn Von Waldner 』、ドイツ系アメリカ人のマリリン嬢もその一人。カトリック教徒のようで、6名からなるコーラス隊もバックを務める演奏者(A・ギター、ピアノ、フルート、ビオラ、トランペット)も全て女性、所謂、シスターと呼ばれる方々のようだ。-- オリジナル全12曲収録、フルートやビオラ等にコーラス隊が彩りを添えているがA・ギターの弾き語りがメイン。表題曲の "What Return Can I Make ? (B-6)" や "The Lord Has Done Graet Things For Us (A-1)"、Jesus' Love (A-3)、"A new Song (B-3)" などはコーラス隊の入る楽曲だが、マリリン嬢の歌を彩るハーモニーVo としての役割りで心地良く聴けるものだ。彼女は素敵なメロディを書く女性で、The Sunshine Of His Love (A-2)、Lord, How You Must Love Me (A-4)、Prayer For The Kingdom (A-6)、Come To Me (B-1)、In Quest Of Wisdom (B-2)、The Mary Song (B-5) など、特にA・ギターの弾き語りには魅せられるものがある。sb_471b.jpgフィメール・フォーク・コンピレーション 「 Ladies From the Canyon 」 で認知されることになった 「 Marj Snyder 」 のように、マリリン嬢の歌も収録されていれば同じように注目されたことだろう。A・ギターの弾き語りはどの楽曲もスピリチャルで無垢なフォークだが、コンピレーションにどの楽曲を収録するかと問われれば間違いなく "The Mary Song" を選択するだろう。美しいメロディにのせたメゾソプラノ・ヴォイスは、その楽曲の短さが残念と思えるほどの心地良さ。女性SSW作品としても十分に堪能できる素敵な歌たちである。---
posted by beck at 14:08| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。