2010年12月27日

ラストソング2010!


sb_467.jpg



ミネソタのクリスチャン系フォークデュオ 『 Russell & Patty 』 の'78年作。彼等の存在は以前から知っていたが、女性のあまりの少女っぽい容姿に手をだすのを久しく敬遠していた。しかし、はやく聴いておけば良かったと後悔させるほど 「 Patty Leonard 」 なる女性の歌声には参ってしまった。あの "Linda Rich" にも勝るとも劣らない美しい歌声と歌唱力を持っている。-- 1曲を除き全てオリジナル、全11曲収録。約半々の割合でオリジナル曲を手がけ、作者自身が歌っている。この手のデュオは、作者の音楽嗜好の違いが明確に現れすぎて作品のトータル性が損なわれることが多々あるが、この2人にはない。全曲、バンドスタイルのバックにのせレジジャス系らしい無垢な歌声を楽しむことができる。パティ嬢がハーモニーをつけている表題曲 "Jacobs Well (A-1)" に "The Open Door (B-2)" は 「 Russell Schmidt 」 の作品。端正な歌声のラッセル氏の楽曲にもう少しキャッチーな魅力があれば言うことないのだが、その不足を補って余りあるのがパティ嬢の存在だろう。A・ギターの弾き語り曲 "Promise Of The Rainbow (A-2)" に "You Are My Friend (A-4)"、"Much Afraid (B-3)"。A・ギターの弾き語り(淡いバックつき)にセルフユニゾンのハーモニーが入る "A Bit Of Magic (A-4)"。美しいメロディにのせたパティ嬢の無垢な歌声には心癒される。シンガーだけでなくコンポーザーとしての能力も優れた女性のようだ。ラッセル氏に失礼を承知で言えば、彼女単独の作品でリリースして欲しかったと思ってしまうのは仕方のないところだろうか。彼女に関して、ソロ作品があるのかを含めて素性を調べてみたが今のところ不明。年の瀬、また一人の素敵な女性SSWに出会ってしまった。-- ここ数日、強い風と雷を伴った雪が降っている。表題曲の "Jacobs Well" は遠雷の音が響き地面をたたく雨音で始まる。危うい国・日本の2010年はもうすぐ終わる、新たな年の日本はさらなる激変の時代になりそうだ。グッバイ2010!---
posted by beck at 09:45| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。