2010年12月06日

早熟の冬


sb_465.jpg



1970年、ファーストシングル 「 She's My Kind of girl 」 ( 邦題:木枯らしの少女 )をヒットさせたスウェーデンのデュオ 「 ビヨルン&ベニー 」 のプロデュース。後にその2人と結婚し 「 ABBA 」 へと発展するアグネタ嬢とアンニ・フリード嬢のバッキング・コーラス。リリースはアバも所属していた "ポーラミュージック"。リリース当時、弱冠16歳だったスウェーデンのSSW 『 Ted Gerdestad 』 のデビュー作は、スウェーデンポッポスのアイドルとなるべき布陣で制作されている。-- 兄・ケネスの詩にテッドが曲をつける、全11曲オリジナル。" 小さな恋のメロディ" で日本でもお馴染みの英国俳優マーク・レスター似の甘い顔をしているが、まだ少年とは思えないほど完成されたコンポ力と歌声を披露している。英語で書かれた唯一の楽曲 "Beat It, Girl (B-5)" の熱いロックスピリット、母国語の "Sommarlangtan (A-2) " の穏やかなフォークスピリット。70年代初頭、世界のミュージックシーンはビートルズの影響を避けて通れないが、彼もご多分に漏れず楽曲のそこかしこにその影響を感じとれる。彼もきっとビートルズを熱心に聴いて育ったのだろう。 "Jag vill ha en egen mane (A-3) "、"Racker Jag Till (A-4)"、"Ett Stilla Regn (A-5)"、"Snurra Du Min Varld (B-1)"、"Hela Varlden Runt (B-3)"、"I Drom Och Fantasi (B-4)"。アバを代表とするスウェーデンポップスの王道をいくキャッチーな甘いメロディの楽曲が並んでいる。デビュー作をきっかけにトップアイドルへと駆けあがり、死後もなおスウェーデンの人々に愛され続けているのも頷ける完成度の高さである。アメリカに渡りLAのミュージシャン ( Jay Graydon, Lee Ritenour, Jeff Porcaro ) 等を起用した"Blue Virgin Isles" (1978) がAORファンには垂涎の作品のようだが、残念ながら未聴。後の彼の成功が約束された出発点であり、早熟過ぎた素敵なデビュー作品である。 -- うっすらと雪化粧した風景に佇む 「 Ted Gerdestad 」。70年代活躍していたスウェーデンの世界的テニス・プレイヤー "ビョルン・ボルグ" と並び称されるほど、将来を嘱望されたテニス・プレイヤーでもあったようだ。1997年6月22日、41歳という若さで自殺のため他界。一説には、変な宗教にはまり精神を病んだ為と言われているが、本当のところは本人でしか知る由もない。---
posted by beck at 10:10| Comment(0) | 音楽(SE) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。