2010年11月24日

コーヒーと音楽の日々


sb_464.jpg



あの "アーニー・グレアム" と同郷、60年代後期から活躍していた北アイルランドはベルファスト生まれのSSW 『 David McWilliams 』。アイルランドのドノバンと言うより、グラスルーツやマーク・アーモンド等がカヴァーしヒットさせた曲 "The Days of Pearly Spencer" 邦題(パーリー・スペンサーの日々)の作者として一般的には通りがいいのかも知れない。-- Major Minor → Dawn → EMI、3作品づつ残してレーベルを移籍しているが、個人的にはドーンからEMIへの移行期の英国的SSW然とした作風が好みだろうか。本作は、EMIでの2作目のもの。全てオリジナル、全12曲収録。どの楽曲もフックの効いた美しいメロディラインを持っており、アップテンポ&バラード問わず魅力的な歌声を聴かせてくれる。"Just Like Staregers (A-2)" や "I Will Rock You (A-4)"、"Lady Midnight (B-2)" など、美しいメロディにのせた力の抜けた穏やかなヴォーカルには心癒される。女性コーラス隊との掛け合いヴォーカルで聴かせるゴスペル風味の "Carry Me Home (A-6)" に "Sweetheart Of The Rodeo (B-6)"。ディラン・ライクなボーカルが聴ける "Fat Man (B-5)"。米国やメキシコ、イタリア音楽などの影響を受けた楽曲もあるが、そこにも英国的な気品ある叙情性が存在している。スライドGがいい味をだしている "You'll Be Mine Tonight (B-1)" などは、ディラン・ライクなヴォーカルも相まって米国南部のスワンプの薫りさえ感じてしまう。ちなみに、ドラムスを叩いているのは、あの "Dave Mattacks" というのも納得である。2002年1月、心臓発作で他界。享年56才。素朴でありながらポップ性も兼ね備えた極上のSSWの一人である。-- アイルランドと言えば、銀行が多額の不良債権を抱え信用不安を起こしている。また、欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)に財政支援を要請するなどの事態に陥っている。日本の隣国に目を移せば尖閣、北朝鮮と別の火種が燻っている。さすがの能天気な日本人もその危うさに気づき始めているようだ。---
posted by beck at 10:47| Comment(0) | 音楽(UK) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。