2010年11月14日

ワークソング


sb_463a.jpg



裏ジャケットには、ミシガン湖をゆく船上から撮られた一葉の写真が使われている。撮ったのは、本作の主人公 「 Danny 」 氏のファーストメイトの女性 「 Carol Jo 」 と 「 Dorothy 」。アルバムタイトルにもなっている表題曲 「 Michigan Highways (A-1) 」 は、ダニー氏のコンタクト先になっているナッシュビルから本作のリリース元 「 Western Night Productions 」 の所在地・ミシガンへの旅途中を歌ったものだろうか。それとも、同居していた女性の故郷があった州なのだろうか。素朴なメロディ、全編を漂うハーモニカの音色にのせたA・ギターの弾き語りは朴訥な声質とも相まって旅情を誘う素敵な歌に仕上がっている。-- 全10曲オリジナル、フィドル?にハーモニー、打楽器音など少しのサポートは受けているが全てA・ギターの弾き語り。" 湖上の砲艦" と題された "Gunboats On The Great Lake (A-2)"、仕事はハードでも実入りは少ないと嘆いている "Hard Work And Low Pay (A-5)"、"全ての老人の為に" と題された "For All The Old Men (B-2)"、大工さんを歌った "The Carpenter (B-3)"、曲名からも、重労働に日々汗する人々を歌った社会的メッセージの強い労働歌のようだ。sb_463b.jpg上流社会の女性を歌った "Superior Lady (A-4)" などは、無駄に贅沢三昧の生活をおくる女たちに下層階級目線の皮肉を込めた歌詞内容ではないかと想像している。ややトラッド色を感じさせるリズム重視の重く暗い楽曲もあるが、ブルースがそうであるように、下層階級の日々の不満や怒りを込めた労働歌とはそういうものだ。ダニー氏が歌を書く意味合でも込められているのだろうか、ラストを飾る "I Wrote A Song (B-5)" の美しいメロディにのせたA・ギターの引き語りには、オープニングの表題曲と共に魅せられ救われる。身の上の不遇や不満を歌っていても、心地良いメロディにのせた歌声に幸せな明日を迎えたいと願う希望の明るさを感じるからである。-- 「 Danny 」、楽曲名と僅かな情報があるだけで彼のフルネームすらクレジットはない。今も、アメリカのどこかで心の鬱積を歌にぶつけているのだろうか。
posted by beck at 09:31| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。