2010年10月18日

リンゴの歌


sb_461.jpg



カンサス州ウイッチタの学生時代(60年末期〜70年初頭)に歌を書き始めたというクリスチャン系SSW 『 Linda Rich 』 の3作目にしてラストとなった作品。前2作(69年/70年)を含め、彼女のアルバムを貫くスピリチュアルな静謐さは全作品に共通するもの。本作には管弦楽の装飾を配した楽曲も多少あるが、美しいメロディにのせた無垢なアルトヴォイスの心地良さは少しも損なわれていない。-- 全12曲中、メインとなるのは表題曲の "Apple Tree (A-1)" をはじめ数多く収録されているA・ギターの弾き語り。 彼女の素晴らしさは美しいアルトヴォイスにあるのは言うまでもないが、さらに魅力的なものにしているのが彼女のソングライティングの力。"Jesus Emmanuel (A-2)" 、"Stained Glass Windows (A-5)" 、 "There's Are Times (B-4)" などを聴くと良く分かるのだが、素朴ながらキャッチーなメロディを内包している。このメロディと声質の美しくも絶妙なバランスが、彼女の歌を何度聴いても心地良くさせる所以だろう。管弦楽入りの"Jesus Loves Me (B-5)"、フルートにセルフハーモニーの入った "Bless The Lord (A-6)"、フルートにベース入りの "Shells (B-3)"、"The Lord Is Holy (B-6)" など、多少の音の装飾もA・ギターの弾き語りの延長にある無垢なものだ。ステンドグラス風に描かれたリンゴの木の素敵なアートワーク -- 太陽の光がステンドグラスを通して暗い部屋をリンゴの赤や樹木の茶色に染めていく -- と、A面の5曲目に収録された "Stained Glass Windows" で歌っている。彼女をジョニ・ミッチェルに例えて紹介しているのを見たことがるが、華やかな表舞台の裏側でひっそりと咲いている名も無き美しさは同じカナダのボニー・ドブソンの方がしっくりくる。宗教色の強い歌詞内容の作品ながら、音楽好きの万人を惹きつけるのなら彼女の作品の中では一番だろう。-- 「 Linda Rich 」 が注目された頃、姉の消息を問いかける弟からのメッセージがネットに流された。彼女の作品がCD化された際にも情報を求める弟の連絡先が掲載されていた。弟さんの切なる声は彼女に届いたのだろうか。---
posted by beck at 11:02| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。