2010年10月12日

男版マージ


sb_460.jpg



紹介済みの 「 Marj Snyder | My Lifetime Now 」 に楽曲を提供し、録音にも参加していたカリフォルニアのクリスチャン系SSW 『 John Fischer 』 の2作目。後にAOR寄りサウンドの名作を残していますが、この頃はフォーク色の強い素朴なフォークロックを奏でている。 リリースは 「 Ron Griffen / Bob Hurd 」 と同じ 「 F.E.L. Publications 」。両作ともコーラス隊(クワイア)を重視したプロダクションが施されていたが、本作はSSW作品らしい個としてのパーソナルな仕上がりだ。-- オリジナル10曲にカヴァー1曲プラスした、全11曲収録。A・ギターの弾き語り "Jesus Is My Song (A-2)" に "Sons Of Cain (B-2)"、ペダルスティールにコーラス隊のついたカントリーゴスペル "Way Of All Fresh (A-3)" に ハーモニカ入りの"Trust And Obey (B-5)"、タイトなドラムス入りのミディアム・フォークロック "Jesus In Me (A-4)"、ピアノに導かれるバラード "The Word (A-5)" に "Love (B-3)" などなど。宗教色の強い歌詞内容だが、70年代初頭のSSWらしい素朴な歌声を色々な音楽スタイルで聴かせてくれる。当時、交流のあったマージ嬢に似た男版 「 Marj Snyder 」 と呼んでもいい素敵な音楽だが、声質の無個性さが少し弱いところだろうか。-- 今も現役で活動している 「 John Fischer 」。初期作品のフォーキーな面は今の彼に望むべくもないが、SSW好きなら彼の初期作品だけは聴いても損はさせないだろう。---
posted by beck at 10:41| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。