2010年09月27日

秋の夜長のマージ


sb_458.jpg



カリフォルニアのクリスチャン系SSW 『 Marj Snyder 』 を紹介するのは、「 Let The Son Shine 」「 Content In You 」 に続き、これで3作目になる。-- 定番のトラッド "Amazing Grace (B-8)" を無伴奏で歌っている以外は、A・ギターの弾き語りが中心。耳元で囁きかけるような彼女の呟きヴォイスは魅力的なものだが、遺憾なくその魅力が発揮されている曲がA面に多く収録されているA・ギターの弾き語りになる。ベースのサポート入りの"Victorious Warrrior (A-1)"、コンガのリズムにのせた表題曲 "My Lifetime Now (A-2)"、A・ギターの弾き語り "You (A-3)" に "Peace (A-6)"、当時交友のあったSSW 「 John Fischer 」 の助演を受けた "High On The Love Jesus (A-4)" に "Lord Of Glory (A-5)"。勿論、B面にも "So Much More (B-2)"、"Chicago (B-3)"、"For Those Tears I Died (B-6)" などA・ギターの弾き語りがあるが、曲そのものが短くじっくり味わうところまでいかないのは残念なところだろうか。バンドスタイルのバックがついた "I'm Dying (B-1)"、ペダル・スティール入りの愛らしいメロのカントリーソング "Knees Knockin' (B-5)" なども心地いいものだが、やはりA・ギターの弾き語り曲が耳に残ってしまうのは仕方がない。出来れば、全編A・ギターの弾き語りで埋め尽くされた暖かな歌声を聴きたいところ。それでも、過去4作品を聴いたことのある方なら彼女の作品の中で一番の出来だと思うのに異論はないだろう。-- 「 Marj Snyder 」 の前を彩る黄色い花をつけた植物の名前は何というのだろう。ジャケット写真が撮られた季節は春だったのだろうか。こちらは、酷暑も遠くへ去りすっかり秋の気配。過ごしやすい季節に、彼女の暖かな歌声は良く似合っている。---
posted by beck at 10:18| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。