2010年09月01日

無粋な夏


sb_456.jpg



お盆を過ぎれば夏の暑さと戯れていた人々の喧騒も静まり、夜吹く涼しい風に秋の気配を感じるのが例年のこと。それが未だに猛暑の夏を引き摺っていて一向収まる気配がない。海岸線に平行して走る車窓から見る風景は、いつもの夏なら人気の消えた寂しい浜辺のはずなのに、夏の余韻を楽しむ多くの人々の姿が見える。暦通りに季節が推移する変化のない定番の日常は退屈でもあるが、四季折々の変化こそが日本の美しい原風景であり、人生に折り目をつけるいい機会のはずなのだが。-- イリノイのアフリカ系アメリカ人SSW 『 Sonnie Burton 』、酒もクスリもやらない品行方正なジミヘンみたいな風貌に見えるのはクリスチャンだからだろうか。オルジナル3曲、「 Dennis Lambert and Brian Potter 」 作の反戦歌 "One Tin Soldier (B-4)"、CCM系コンポーザー 「 Bill Gaither / Andrae Crouch 」 作の"He Touched Me (A-3)" に "The Blood Will Never Lose Its Power (B-5)" 、ゴスペルの定番 "Amazing Grace (A-4)" などを加えた12曲収録。全編、A・ギターとピアノの弾き語り。よく通る線の細い声質からはブラックのイメージは少なく、白人フォーキーのような印象を受ける。彼もCCM系が好んで採り上げる定番中の定番曲キャロル・キングの "You've Got A Friend (A-1)" を奏っている。名曲のオリジナルを凌駕するのは難しいところだが、もし超えるとすると単純に歌う人の声質だったりもする。黒人独特の深みのある線の太い声質ではない彼の歌う名曲は、凡庸な仕上がり。むしろ、"Passing By (B-1)" や "An Answer (B-2)" などのオリジナル曲で聴ける心地良さが名曲よりも印象に残るし、心に響いてくる。この辺りは名曲を採り上げるデメリットだが、多くのCCM系ミュージシャンがこの名曲を歌う意味は、彼等にとって"フレンド"という言葉が宗教活動には欠かせない重要なキーワードだということだろう。-- そう言えば、鳴き始めていい頃の秋の虫たちの声が一向に聞こえてこない。彼等も今年の夏の異常さを察しているのだろうか。予報では当分この暑さは続くと伝えているが、いずれ収まるにしても今年は短い一瞬の秋になりそうだ。秋を通り越し、夏から一気に冬へなんて無粋な事だけは願い下げである。---

posted by beck at 11:08| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。