2010年07月28日

スターダストの歌


sb_453.jpg



1973年6月に録音されたニュージャージーのクリスチャン系フォーキー 『 Joe Saint 』。幼少期から熱心に教会に通い、学生時代も教育プログラムで宗教を学んでいたようだ。音楽も平行して学んでいたようで、本作も全ての楽器 ( Guitar, Drums, Organ, Piano, Organ, Bass ) を演奏し歌っている。-- 本作には、-- Sings Inspiratinal Song -- ( インスピレーションを与える歌 ) という副題がついている。自身が影響を受けた歌なのか、人々に影響与える歌という意味が込められているのか、ビートルズの "Let It Be (A-4)、ジョニー・ナッシュの "I Can See Clearly Now (B-1)"、キャロル・キングの "You've Got A Friend (B-3)" など、CCM系の人が良く採り上げるヒット曲が収録されている。プラス、"Welcome Table (A-1)"、"Take Our Bread (A-3)"、"Prayer To ( Ofのミス? ) St. Francis (B-4)"、"Day By Day (B-5)" などのゴスペルソングを加えた全10曲収録。全曲で素朴なフォークロックを奏でているが、オリジナルがないのは残念なところ。また、聴く者に副題通りのインパクトを与えるところまでは消化されきれていない凡庸な印象を受ける音楽だ。お隣の州・ニューヨークのナイトクラブなどのローカルエリアで演奏し、ラジオやテレビ出演経験などもあったようだが、彼の音楽への評価はどんなものだったのだろうか。個人的には、アコースティック・ギターの弾き語りなどシンプルに奏ってくれたほうが印象強い作品に仕上がったと思うが、これもCCM系作品に思い描く勝手な願望だろうか。-- 「 Joe Saint 」 について調べてみたが、彼に関する情報にはアクセス出来なかった。本作以外に作品が存在するのか、今もどこかで歌っているのか。今から数十年前の1973年、星の数ほど存在していたであろう歌い手の中に 「 Joe Saint 」 がいたのだけは確かである。---
posted by beck at 09:43| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。