2009年04月11日

マージはどこに?


sb_377.jpg



カリフォルニアのクリスチャン系SSW『Marj Snyder』の4作目。セルフプロデュース、録音はサンディエゴの「Studio West」で、バックをCCM系のカントリーロックバンド「Brush Arbor」が務めている。清楚な彼女の歌声には、やはりA・ギターの弾き語りで彩るのが似合っているのだが、本作ではカントリースタイルのバンドサウンドが占めている。オリジナルが8曲、トラッドの"This Joy (B-1)"、「A. Hoffman / J. Sho­wal­ter」作の"Leaning On The Everlasting Arms (A-5)"、「Mimi & Richard Farina」の代表作"Pack Up Your Sorrows (A-2)"や「Ira stanphill」作の"Follow Me (B-4)"などのカバー4曲の計12曲収録。A・ギターの弾き語り中心の過去作品と比べると、ペダル・スティールやバンジョーが使用された陽気で明る目の楽曲やストリングスを配した厚化粧サウンドは馴染み易い音楽には違いないが、その分、彼女が持っていた純真無垢な神聖さは薄まっている。A・ギターの弾き語りにフルートのリードが入る"If The World (A-6)"や表題曲の"Content In You (B-3)"、A・ギターにマンドリンだけの導入部にバンドサウンドが途中から入る"Follow Me (B-4)"など、シンプルなアンサンブルで聴かせるフォークスタイルの楽曲に過去作品の彼女らしさを見出すことができる。-- "Where is Marj Snyder??"、この作品を残した後「Marj Snyder」はどこへ行ってしまったのか。同じ問いかけメールにクリスチャン系SSW「John Fischer」が答えている--「結婚して、オレゴンのクリスチャン系大学の図書館で働いている」--と。本作リリースから随分と年月は経ち、彼女も相当な高齢になっている。今も、オレゴンのどこかで元気に暮らしているのだろうか。---
posted by beck at 09:55| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。