2008年10月26日

沈黙音楽


sb_339.jpg



ノース・カロライナ州・アッシュビルで暮らしているクリスチャン系SSW『Ron Moore』。以前紹介した「Ed Kilbourne」等と立ち上げたレーベル「Airborn Records」の創設者の一人で、本作はその「Airborn」時代のソロ3作目になる作品。宣教師だった両親の布教先・韓国ソウルで幼少期の13年間を過ごし、その後も様々な国々での生活や演奏活動の経験があるようだ。彼の「MySpace」によると、影響を受けたミュージシャンには「Bob Dylan, Niel Young, Tom Petty, Stills, Nash & Young, The Byrds, Eagles..」などの米国勢に加え、「The Beatles, Yes, The Police, Steve Winwood..」等の英国勢が並んでいる。-- カサカサとした乾いたA・ギターのカッティング・ストロークにリズム隊が心地いいリズムを刻む"Same Sweet Song (B-2)"や"Seek The Kingdom (B-2)"ではニール・ヤングやトム・ペティを連想させたり。美しいメロのバラード"The Father Knows Best (A-2)"では、イントロのピアノがクイーンのヒット曲「Bohemian Rhapsody」を思わせたり。R&Rナンバー"Don't Scorn Your Eyes (B-4)"や"Wake Up Sleeper (A-4)"ではビートルズを思わせてくれたり。基本はフォークロックなのだが、リズムテンポをずらしたり転調したりと凝ったアレンジを施したプログレッシブさは、米国人でありながら米国音楽を憧憬する英国ミュージシャン特有の雰囲気を持っている。ビートルズ等の英国音楽の影響を少なからず受けているようだ。ピアノの調べにのせて歌われる"Sunflower (B-3)"は5分にも及ぶ長めの楽曲だが、その哀愁を帯びたメロディの素敵さは本作の素晴らしさを集約している出来である。全11曲オリジナル、個々の楽曲の輪郭を明確に持った良質のフォークロック作品だと思う。-- クリスチャン・ネームだろうか、直近の作品では「Ephrem Moore」と名乗っている。「wikipedia」によると、「Ephrem - エフレム(306年頃 - 373年)」は4世紀のシリアで活躍したキリスト教の修道士、聖歌作家、神学者でカトリック教会と正教会における聖人のようだ。その歌声は「MySpace」で聴くことができる。---

Ron Moore Official Site
posted by beck at 12:50| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。