2011年02月23日

若葉の歌


sb_474.jpg



メイン州ルイストンにあるカトリック教会 「 St.Joseph's Church 」 に通っていた若者たちによるフォークグループ 「 St.Joseph's Folk Group 」 の'82年作。短い紹介文によると、リリース年から遡ること5年、音楽を愛する5・6人の若者達が結成し活動を重ねるごとにメンバーが増えていったようだ。所謂、大所帯のクワイアものだが、心地いいフォークロックのバンドサウンドにのせた清らかで瑞々しい歌声は今まで聴いてきた同種のものでは一番気に入っている。-- ノエル・ポール・ストゥーキー ( PP&M ) の "Wedding Song (A-4)" に、CCM系コンポーザー ( Tim Manion / Joni Byrn / Bob Dufford / John Forley S.J. / Kathy McGovarn ) 等のカバー曲だけ、全10曲収録。録音当時、ジャケットの集合写真にうつる若者たちは高校生ぐらいだろうか。風にざわめく若葉のように、母の温もりを求めて泣く赤子のように、活き活きとした生命の歌声。聴いているだけで、老いた細胞が目覚め活性化される気分にしてくれる。ヒーリング・ミュージック ( 環境音楽 ) には、人の心を癒し免疫効果を高める作用があるとされている。彼等の瑞々しい歌声にも "川のせせらぎ音" にも似た快適感を覚える "1/fゆらぎ" の波動があるのかも知れない。曲の長さも3分を超えるものが多く、クワイアものは敬遠気味としても多重に多重を重ねたヴォーカルと思えばフォークロック作品としても十分に楽しめる音楽だ。まだストーブの欠かせない寒い日が続いているが、彼等の歌声は大地の下で春を待ちわびる自然の息吹にも似た心癒されるサウンド・セラピー。-- 「 St.Joseph's Folk Group 」、録音当時は10代だったメンバーたちも、時は流れ40代を迎えているだろう今の世界。北アフリカ、中東、東アジア、ニュージーランド、心を痛める不快で不安な "ゆらぎ" が地球のそこかしこから響いてくる。---
posted by beck at 09:50| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

鈍行楽団


sb_473.jpg



ニューヨークのゴスペルフォークバンド 『 THE 10:15 』。クリスチャンバンドに定員がある訳でもないが6・7人編成というのが数多く見られる形態で、本バンドは女性2人を含む6人組。珍しいバンド名にアルバムタイトル、線路に佇むメンバーのジャケット写真から列車のタイムテ−ブルを意味すると思われるが、その数値には何か特別な意味があるのかも知れない。-- トラッド1曲にメンバーの「 Shawn Tracy 」 の手がけたオリジナル9曲、全10曲収録。スピードと快適さを求めた現代の高速鉄道とは違う、のんびり走る鈍行列車のような長閑なフォークを奏でている。、唯一のカバー曲 "Just A Closer Walk With Three (B-10) " はゴスペルソングのクラッシク " In The Garden " と同じく挙げればキリがないほど数多くのミュージシャン ( Willie Nelson / Joan Baez / Patsy Cline / Anne Murray / Natalie Cole / B.J Thomas / Cliff Richard / Ella Fitzgerald / Mahalia Jackson / Louis Armstrong / George Jones / Pat Boone / Oak Ridge Boys / Mickey Gilley / The Seekers / Five Blind Boys ) 等がカバーしている。そのジャンル違いでカントリーにもジャズにもソウルにもディキシーランドにもなる、聴き比べるのも一興だが本バンドは長閑なフォークサウンド。ゆったりとリズムを刻むA・ギターとバンジョーにのせて歌われる名曲は車輪と枕木が奏でるガッタンゴットン音のように身体に心地いい。全ての楽曲で主にリードvoをとっているのが 「 Ignatius Alexander 」 なる人物。どの楽曲も70年初頭の懐かしさと郷愁を誘う素朴なフォークだが、めまぐるしく時間が変遷していく今の時代こそ価値ある音楽に思えてくる。美しいコーラスに彩られた "Come To The Table Of The Lord (A-1)" の心地いい歌声は、「 そんなに急いで何処へゆく? 」 なんて歌いかけてくるよう。時代のスピードに置き忘れられた大切な人間の温もりが聴こえてくる。-- 「 THE 10:15 」、メンバーが一人少ない別作品を同じ年にリリースしている。コーラスハーモニー重視のクリスチャンバンドらしい作品だが、それは別の機会に。---
posted by beck at 12:31| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

探し人の歌


sb_472.jpg



"Ron Moore" 関連ものでは4作目 ( Paul Fleeman / James Isaac Elliott / Aleithia ) になるクリスチャン系フォーキー 『 Paul Johnson 』。ロン氏のプロデュース、数曲だけボーカル&ベースで録音にも参加している。ハーモニーをつけている3人の女性名も紹介しているが、リリース年や録音場所などの他の情報は記されていない。-- オリジナルはなく全てカバーものだけ、全12曲収録。エヴァリー・ブラザースのヒット曲 "Let It Be Me (A-1)"。ジェームス・テイラーの "Fire And Rain (A-2)"。定番のサイモン&ガーファンクル "Sound Of Silence (A-3)" に "Bridge Over Troubled Waters (B-5)"。ブレッドの "If (B-1)"。ヤングブラッズでお馴染み "Let's Get Together (B-2)"。レイ・スティーブンスの "Everything Is Beautiful (B-3)"。マック・デイヴィスの "In The Ghetto (B-4)"。カナダのバンド "Ocean" のヒット曲 "Put Your Hand In The Hand (B-6)"。レリジャス系のフォーキーには良くある選曲だが、耳に馴染みのあるヒット曲ばかりを採り上げている。ただ、オリジナルではないのにちゃんとポール氏の歌になっているところは本作の救いだろう。これは、バンドスタイルではなく12弦A・ギターの弾き語りということもあるし、オリジナルを忠実に再演していないことにもある。他の楽曲にも言えることだが、ブレッドの "If" にそれが良く現れている。ゆったりとしたテンポで歌われるヒット曲は、煌びやかさを脱ぎ捨てた素朴な味わい心地良さ。ギターの得意な人が好きな楽曲を自宅で爪弾きながら歌っている、そんな寛いだ時間の見える歌たちだ。-- モノクロ写真を手がけたのは 「 Dennis Fulton 」 という方。裏ジャケには倒木に腰掛けて聖書を読んでいるポール氏の姿。"What Are You Looking For ?" なんてタイトルがついているが、彼が探しているものは見つかったのだろうか。その答えは、聖書の中にあったのだろうか。世の中、探しものがあるから楽しいもの。見つからない不満があるから人生を続けられる。---
posted by beck at 10:52| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

マリリンの歌


sb_471a.jpg



最近は女性のクリスチャン系SSWものを好んで聴いているが、時折、無名ながらも素敵な歌に出会うことがある。ロードアイランド州のクリスチャン系SSW 『 Marilyn Von Waldner 』、ドイツ系アメリカ人のマリリン嬢もその一人。カトリック教徒のようで、6名からなるコーラス隊もバックを務める演奏者(A・ギター、ピアノ、フルート、ビオラ、トランペット)も全て女性、所謂、シスターと呼ばれる方々のようだ。-- オリジナル全12曲収録、フルートやビオラ等にコーラス隊が彩りを添えているがA・ギターの弾き語りがメイン。表題曲の "What Return Can I Make ? (B-6)" や "The Lord Has Done Graet Things For Us (A-1)"、Jesus' Love (A-3)、"A new Song (B-3)" などはコーラス隊の入る楽曲だが、マリリン嬢の歌を彩るハーモニーVo としての役割りで心地良く聴けるものだ。彼女は素敵なメロディを書く女性で、The Sunshine Of His Love (A-2)、Lord, How You Must Love Me (A-4)、Prayer For The Kingdom (A-6)、Come To Me (B-1)、In Quest Of Wisdom (B-2)、The Mary Song (B-5) など、特にA・ギターの弾き語りには魅せられるものがある。sb_471b.jpgフィメール・フォーク・コンピレーション 「 Ladies From the Canyon 」 で認知されることになった 「 Marj Snyder 」 のように、マリリン嬢の歌も収録されていれば同じように注目されたことだろう。A・ギターの弾き語りはどの楽曲もスピリチャルで無垢なフォークだが、コンピレーションにどの楽曲を収録するかと問われれば間違いなく "The Mary Song" を選択するだろう。美しいメロディにのせたメゾソプラノ・ヴォイスは、その楽曲の短さが残念と思えるほどの心地良さ。女性SSW作品としても十分に堪能できる素敵な歌たちである。---
posted by beck at 14:08| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。