2010年06月22日

人を結ぶ歌


sb_449.jpg



カナダの総勢18人の若者たちからなるクリスチャン系コーラス隊 『 Just Us 』 。ノバスコシア州の州都ハリファックスにある教会 「 Pine Hill Chapel 」 で録音された本作には耳に馴染んだ楽曲が収録されている。-- ヤングブラッズでお馴染みの "Get Together (A-1)"、サイモン&ガーファンクルのヒット曲 "El Condor Pasa (A-2)"、ボブ・ディランの "I Shall Be Released (B-1)"、ビートルズの "Eleanor Rigby (B-2)"、CS&Nの "Teach Your Children (B-4)" など。CCM系の作品には良く採り上げられている楽曲だが、大所帯のコーラス隊で聴かせるのは珍しく馴染みの曲が別の趣をもって心に響いてくる。ペーストオンされたジャケットには、「 Just Us 」 の成り立ちや音楽スタイルについての紹介がある。それによると、身近なポピュラーソングを通じて教会や宗教の啓蒙活動をする 「 Services Of Contemporary Workship 」 に所属していた若者たちのようで、彼等の音楽スタイルについて "Folk Music, Folk Rock, Popular and Country Music" と紹介している。メンバーの中に、ロックでもやりそうな風体の男5人がいるが彼等が演奏を担当していたのだろうか。荒削りなその演奏にのせ、好きな歌だけを仲間みんなで歌い楽しんでいる録音風景が目に浮かぶ。個人的には、CCM系作品にある大所帯のコーラスものは敬遠しがち。それでも、彼等のコーラスに軽快な心地良さを感じるのは、耳に馴染んだ楽曲の多さと、ポピュラーソングを歌う若者たちの楽し気な気分がその音楽に感じ取れるからだろう。-- "ハリファックス" と言えば、すぐに結びつく言葉が大爆発。1917年12月6日、ハリファックス港で大量の軍用火薬を積んだ貨物船同士が衝突し大爆発。その爆風で市の大半が消失し数多くの死者をだした世界最大級の爆発事故である。「 Just Us 」 の若者たちの先祖の中にも、この悲惨な事故に遭遇した肉親がいるのかも知れない。---
posted by beck at 13:11| Comment(0) | 音楽(CA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

歌兄弟


sb_448.jpg



"Gary Morgan"と"Rich Maresh" からなるイリノイ州シカゴのクリスチャン系フォークデュオ 『 Gary & Rich Brothers 』。短い紹介文によると、コンビを組んだのが1964年。コンテンポラリーフォークを歌い始めた本作リリース時 (60年後期?) は、セントルイス大学の学生だったようだ。ボブ・ディランの作品を3曲も採り上げている彼等の作品は、カヴァーアルバムを収集しているサイト 「 Dylan Cover Albums 」 にも紹介されている。-- Bob Dylan作 "Don't Think Twice, It's All Right (A-4)、Times They Are A-Changin' (B-1)、A Hard Rain's A-Gonna Fall (B-4)。Laura Nyno作 "And When I Die (A-3)"。Ewan McCollの名曲 "The First Time Ever I Saw Your Face (A-5)"。Paul Stookey作 "The Good Times We Had (B-2)"。オーストラリア人SSWのGary Shearston作 "Sometime Lovin' (A-2)"。盲目のブルースシンガー Rev. Gary Davis作 "If I Had My Way (A-6)" などのカヴァー曲に、トラッドを加えた全10曲収録。アコースティック・ギターのフィンガー&カッティング音にのせて60年代フォーク独特の素朴で暖かい歌声を聴かせてくれる。中でも、ボブ・ディランの3曲とイワン・マッコールの名曲は心に染み入る仕上がりだ。「Abby Koffs」の手になる筆絵風ジャケット・イラストも彼等の素朴な音楽に相応しい出来栄えである。-- 「 Bill Maresh 」 の演奏( guitar,banjo ) に 「 Gary Morgan 」 のヴォーカル。「 Gary & Rich Brothers 」 がコンビを組んだ同じ年には、あのサイモン&ガーファンクルが「 水曜の朝、午前3時 」でデビューしている。S&Gの活躍に彼等の音楽スタイルが刺激を受けていたとしても何の不思議もないだろう。 ---
posted by beck at 17:10| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

なごり歌


sb_447.jpg



曲の中にテンポ違いの2つのメロディ、元気に跳ね回る子供の無邪気さと凛とした大人の女性の佇まいが同居しているデュエット "Bugs (A-3)"。子供の歩調に合わせ軽やかに散歩している親子の風景が浮かぶ陽気なデュエット"Lcy Sidewalks (B-2)"。CCM系作品に子供の歌声が登場するのは珍しくもなく、よく出会えるもの。ワシントン州のクリスチャン系SSW 『 Kathy Pederson Evans 』 も、2曲で子供とデュエットソングを歌っている。-- セルフ・プロデュース。共作3曲含むオリジナル12曲収録、控え目なバンドスタイルの演奏に淡いコーラスを交えて素敵な歌声を聴かせてくれる。愛らしいメロのウェディングソング "When I Wake Up (A-1)"。管楽器入りの穏やかなAOR "What A Difference (A-2)" に "Micah And Matthew (B-4)"。スピリチャルさ漂う美しいバラード "Shalom (A-5)" に "Three Scenes (B-1)"。川面を流れる清流音に鳥の囀りに似たフルートだけの無伴奏形式で歌われるトラッド風味な "Blanket Of Love (A-6)"。ミスティックな印象を与えるメロディの表題曲 "The Way, Truth, And Life (B-3)"。聖歌隊の荘厳なコーラスが神聖さを演出しているバラード "We Give Praise To Him (B-6)"。個人的には、あまり飾り過ぎない質素な美しさがCCM系サウンドの魅力のだが、本作にもそれが当てはまる楽曲が詰まっている。-- まだ少女のなごりを残した、誰にも好感を与えそうな愛くるしい笑顔の 「 Kathy Pederson Evans 」。録音は、ワシントン州・チーニーにあるイースタンワシントン大学 。マスタリングは、カリフォルニア州バーバンクのKMスタジオ。彼女はテープ作品も残しているようだが、その他の情報は得られなかった。録音当時、彼女はこの大学に通う学生だったのだろうか。---
posted by beck at 11:00| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

ボージャングルの仲間達


sb_446.jpg



随分と昔、ジェリー・ジェフ・ウォーカーの名曲 「 Mr. Bojangles 」 をカヴァーしている人だけをピックアップ編集しテープをつくったことがあった。その当時でも、テープに収め切れないほどの数になったが、同じ曲でもアレンジや音楽スタイルに楽器編成、歌う人の声質でその表情は微妙に違ってくるものだ。今、クリスチャン系作品を意識して聴きはじめてみると、この曲をカヴァーしている人の多さに気づかされる。コロラドのクリスチャン系フォークデュオ 『 Larry And Terry 』 も、同曲(B-2)をカヴァーしている。-- Larry Allen ( Guitar, Banjo, Harmonica, Organ ) / Terry Craig ( Bass ) / Tom Drury ( Banjo ) 、シンプルな楽器編成にのせオリジナルを忠実に再現する歌声とハーモニーは心地よく耳を撫でていく。収録9曲中オリジナルは2曲だけ、その他はヒット曲のカヴァーが占める。ジョン・デンバーの "Country Road (A-1)"、ジェームス・テイラーの"Fire And Rain (A-2)"、キャロル・キングの"You've Got A Friends (A-3)"、ポール・サイモンの"Mrs. Robinson (A-4)"、ジャック・ウィリアムスの"Gospel Changes (B-1)"、マック・デイビスの"We Believe In Music (B-5)" など。これらの楽曲も、クリスチャン系の人が好んで採り上げる曲ばかりだ。オリジナルの1曲"Love One Another (B-4)"は、オルガンとA・ギターで歌われる美しいフォークバラッド。sb_446b.jpgこんな素敵な曲を書けるならオリジナルをもう少しと多少の不満が残るのは仕方がない。-- マック・デイビスのヒット曲"We Believe In Music"で幕を下ろす本作。この曲の間奏部には、4日間で録音されたデビュー作の制作に関わったプロデューサー (Tom Drury) やエンジニア (Preston Smith) などの裏方さんへの感謝の言葉が入っている。裏ジャケには2人の奥さんに子供、愛犬と愛猫が仲良く一枚の写真に収まっている。"We Believe In Family"、言葉では聞き取れないが家族への感謝も述べられていると想像している。---
posted by beck at 09:28| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。