2010年01月31日

ハンス&ジョン


sb_425.jpg


カナダのスワンパーで知られている代表格と言えば 「 The Hans Staymer Band 」。眼鏡をかけたハンス氏の風貌からは想像もつかせぬ剛球一本やりのスワンプロックを奏でる人だが、本作の 「 John Lyle 」 の場合は、フォーク・ブルース・カントリーなどの変化球を交えて聴かせるスワンパーだ。-- バンクーバー界隈で活動していたカナディアンSSW 「 John Lyle 」 の2作目。オリジナル全13曲収録、今も行動を共にしているギタリスト 「 John Murray 」 に、楽曲によってベース・ドラムスやコーラスなどのシンプルなバックがついている。カントリーロック風味の "The Plot Widens (A-4)""Close Your Eyes (A-7)"。キャッチーなメロのフォーキーソング "Wonderin' (A-2)""My Cold Is Gone (B-6)"。ブルージーなフォークブルース "The Woo Woo Into Town (A-5)""Water Works (B-5)"。スワンプでもない楽曲にスワンプ魂を感じるのは、ハンス氏にも共通するライル氏のパワフルな声質のせいだろう。スライドG入りの "Blue Rictures (B-3)""Gunfight At The Occult Corral (A-3)" は直球のスワンプだが、バックがシンプルなだけにその心地良さは格別だ。- There's lots of nice stuff on there ! - 英国のロッカー 「 Paul Rodgers 」 ( ex; Free, Bad Company ) が推奨するのも頷ける素晴らしい資質をもったSSW作品だと思う。-- これまで "8作品" 残している「 John Lyle 」。今現在、太平洋に面するブリティッシュ・コロンビア州で現役活動しているようだ。歳を重ね、エネルギッシュなヴォーカルの荒々しさは失っているが、近作の歌声は "MySpace" で聴くことができる。---
posted by beck at 10:37| Comment(0) | 音楽(CA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

ローズマリーの歌ちゃん


sb_424a.jpg


クリスチャンミュージシャンには、所属する宗教組織の音楽ディレクターを務めている場合が多々あるのだが、『 Rosemary Crow 』 もその例にあたる。本作リリース時、ノースカロライナのアッシュビルにある教会 「 Trinity Episcopal Church 」 の聖歌隊を指導する立場にあったSSWのようだ。-- 全11曲オリジナル、バックを務めているのが " Howard Hanger ( Arrangements, Piano ) / Beth Youngblood ( Violin, Harmony Vo ) / David Anderson ( Guitar, Bass ) " からなるジャズトリオ 「 Howard Trio 」 の面々に、チェロ奏者 " Bryna Coonin " が録音参加。メゾシスト派の聖職者でもある 「 Howard Hanger 」 の奏でるピアノにヴァイオリンやチェロが色を添えるだけのシンプルなアンサンブルにのせた、ローズマリー嬢の声楽の領域に近い無垢な歌声。チェロの切ない音色が心の奥底まで染み入る表題曲 " Be Still (A-1) " に " If You Would Ask (A-3) " 。「 Beth Youngblood 」 嬢のヴィオリンとハーモニーVo が入る " Peace (A-2) " " If You Could But See (B-2) " " Oh How I Wept (B-4) " など。一言で表現するなら美しいメロディを持ったスピリチャルフォークを奏でているのだが、明るめの楽曲を含め、どの楽曲も心癒される素敵な歌に仕上がっている。sb_424b.jpg一般受けしないような高貴な唱法のローズマリー嬢だが、チェロの美しい音色と今も現役で音楽活動しているベス嬢のハーモニーにヴァイオリンが耳に馴染み易いサウンドを演出しローズマリー嬢の音楽を身近なものにしてくれる。-- 「 Rosemary Crow 」、数年間、ノースカロライナとカリフォルニアで音楽教師を務めていた経歴が残されている。この"教職者"も、クリスチャン系SSWの経歴に散見できる職歴である。---
posted by beck at 10:22| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

春待ち詩


sb_423.jpg



身も凍るような寒さが続いている。道路に積もった雪は溶けることもなく、往来する車や通行人の重みに押し固められアイスバーン状態。日課の愛犬の散歩、ツルツルになった道路にさすがの愛犬も足を滑らしている。この時期の夜の歩行は、滑りに注意しながら一歩一歩慎重に歩を進めないと危ない事この上ない。-- テネシーのクリスチャン系夫婦デュオ 『 Gary & Carolyn 』 の'77年作。夫君 「 Gary Hullquist ( Guitar & Keyboards ) 」 のオリジナル全10曲、バンドスタイル ( Flute, Percussion, Bass, Brass ) のサポートを受けて穏やかなジーザスソングを聴かせてくれる。主にリードVoをとっているのが妻の 「 Carolyn Hullquist 」 嬢で、夫がハーモニーをつけるのが全ての楽曲に共通するところ。これと言って記憶に残るメロディを持った楽曲がある訳ではないが、両面通して心地よく聴けるのは 「 Carolyn 」 嬢の優しい歌声とCCM系特有の装飾を抑えたサウンド・プロダクションのせいだろうか。表題曲の "Let Him Song (A-1)"、A・ギターに導かれる "Lord's Prayer (A-2)"、ピアノの調べにのせて歌われる "Onec Alone (A-4)" や "He Is Mine (A-5)" など、ミディアムテンポの素朴なバラードが多くを占めているが、夫婦の歌声に寄り添うフルートの音色がいい味を醸しだしている。ほぼ全曲で使われているこのフルートの音色がなければ、この作品に違った印象を持ったかも知れない。浮遊するフルートの音色が楽曲の個々の表情を効果的に伝え、心地よく聴かせてくれる所以だろう。本作で一番長い楽曲 "Thanks You, Lord (B-2)"、夫婦が交互にリードVoを取り合い美しいハーモニーをつけている。ピアノの弾き語りに近いシンプルな楽曲だが、敬虔なクリスチャンらしい一途さが良く伝わる素朴な歌である。極めて宗教色が強い歌詞内容だが、全曲でクリスチャンらしい無垢な歌心が堪能できる。-- 「 Gary & Carolyn 」 が歩くジャケットの中の風景は、黄色い花が辺り一面にが咲き乱れる春の趣だが、北国ではまだ先のこと。当分、厳しい寒さと向き合わなければならない。 ---
posted by beck at 19:24| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

郷愁ソング


sb_422a.jpg



" 帰ろう帰ろう、故郷に帰ろう、静かなる日に、故郷に帰ろう、そこは遠くなく、身近な存在、そこへの扉は開いている、充分働いた、終わりにしよう、恐れも哀しみももう要らない … 帰ろう帰ろう、故郷に帰ろう、光を見よう、日差しを見よう、僕は、生まれたところに帰る " ( 原曲:Antonin Dvorak / 作詞 : William Arms Fisher )。 故郷に込めた様々な思いを胸に 「家路」 についた人々、色々な事情で家路につけなかった人々。故郷を思う様々な心情が行き来した、いつもの年末年始の風景。-- カリフォルニアのクリスチャン系SSW 『 Francyl Streano 』。A・ギターを爪弾きながら優しく歌う " Goin' Home (A-5) " を聴きながら、随分と帰っていない故郷のことを思い出す。そこには両親の温もりはすでになく、幼友達もそれぞれの日々の生活に勤しみ、脳裏に描ける古き良き故郷は今はない、随分と風景も様変わりしているだろう。ネットの時代、故郷を賑わしている旬のニュースや話題は知ることができるし、グーグルアースで擬似帰郷は出来る。でも、そこで見る風景は現実の故郷であり、頭の中にある古き良き故郷ではない。sb_422b.jpgそれでも、「 Francyl Streano 」 の優しい歌声は郷愁へと誘う。いつの日かは「故郷へ帰ろう、生まれたところに帰ろう」と。-- 「 Francyl Streano 」、" バイオ " によると、本作リリース時は学校の音楽教師だった頃だろうか。'76〜'96年の間に6作品残しているようだが、本作を含め公式サイトでも詳しくはない。 か細い声でロックンロールしている " Pleace And Harmonony Man (B-5)" の1曲を除けば、全曲で 「 Linda Rich 」 タイプのピュアな歌声を聴くことができる。---
posted by beck at 09:29| Comment(0) | 音楽(US) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。